お客さんを迷わせずにYesへ導く!3つのOneを意識しよう

コピーライティングの基礎 3つのONE

商品を販売したい場合や

セールスにおける文章を書く際に

反応のとれる文章を書くにはコツがあります。

 

今回はコピーライティングにおける

基本中の基本「3つのOne」について

学んでいきましょう!

3つのOneとは?

・One Message 1つのメッセージを
 
・One Market   1つの市場に対して提示して
 
・One Outcome 1つの出口しか用意しない

 

メルマガやセールスレターなど

文章を書くときは、これを徹底的に

守っていきましょう!

OneMessage 1つのメッセージを

One Massageというのは、

いくつもメッセージを投げかけずに

ひとつに絞ることが大切だということです。

 

「混乱した脳は常にNoという」

という言葉がありますが、

複数の選択肢があったり、メッセージがあったりすると

読者は混乱してしまいます。

 

あなたがたくさんのことを

伝えたいとしても、

結局どうすればいいの〜?

状態になってしまい、ページを閉じたくなり

商品購入や行動には至りません。

 

余計な選択肢は与えすぎず

メッセージをひとつに絞りましょう。

 

One Market 1つの市場に対して提示して

One Market というのは、

ひとつのターゲットに対してという意味です。

 

例えば、稼ぐ系の情報を求めている人に対して

語学系の商品を紹介しても響きませんよね。

全然関係ないですから。

 

同じメルマガで別の市場のものを

紹介しちゃダメです。

 

紹介するならその情報を必要としてくれる人に対して

別のメルマガを作りましょう。

 

ターゲットとなる1つの市場に対して

メッセージを提示していきましょう。

One Outcome 1つの出口しか用意しない

One Outcome というのは

出口を一つしか用意しないということです。

いろんな出口があるとそれも混乱の元です。

 

読み手にとってほしい行動一つに絞ります。

たとえば、メルマガに登録してほしければ

「メルマガ登録はこちらから」というリンクだけ貼ります。

 

セールスレターで商品に申し込んで欲しければ

申し込みリンク以外のリンクを貼らない。

 

プロフィールはこちら。ブログはこちらなど

余計なリンクを貼らない。

 

焦点をブレさせずに

ひとつに集中させ

出口を一つに絞りましょう。

 

・One Message 1つのメッセージを

・One Market 1つの市場に対して提示して

・One Outcome 1つの出口しか用意しない

 

伝えたいことはシンプルに

余計なことは入れずに

3つのOneを意識して

文章を書いてみましょう。

 

そうすることで

お客さんの離脱を防いで反応が取れたり

成約率が上がったりといった

メリットがあります^^

 

はじめは意識しないと忘れがちなので

意識しながら文章を書いてみてくださいね。