4つのNOTとは?購入までの壁を越えて見込み客を動かす方法

4not コピーライティング

人に商品を買ってもらうとき、見込み客には

4つの超えてほしい壁があります。

 

コピーライティング、文章を書くときには

それを理解してひとつずつ越えなければ商品は売れません。

4つのNotとは?

Not Open 開かない

Not Read 読まない

Not Believe 信じない

Not Act 行動しない

購入にいたるまでにはたくさんの

壁がありますね^^;

これを知った上で、乗り越えてもらえるよう

引っ張っていくことが大事です。

①Not Open 開かない

これは商品に興味が全くない、知らない状態ですね。

いくら商品が良くても、知られていなければ買ってもらうこともできないですよね。

情報発信をしているのなら、ブログやメルマガを

まず開いてもらわないと、相手に届きません。

だから興味を持ってもらう、

開いてもらうことが大切なので

ブログやメルマガのタイトルが重要になります。

 

ひとつブログタイトルをクリックさせるコツとしては、

常識とは逆のことを言うと「え?どうして?」と興味が惹きつけられます。

 

ブログは毎日更新がいいとされている中で

ブログは週1回でいい!というタイトルだったら

ちょっと気になりますよね。

 

まぁちゃんとした裏付けがないと

信用されませんが、使えるテクニックです。

②Not Read 読まない

ブログやメルマガを開いてもらっても、冒頭数行読んで

面白くなかったら閉じてしまって読まない。

っていう壁もあります。

 

初めで読ませるような工夫をして

読まない壁を越えていきましょう。

 

この文を読むことでどんなメリットがあるのか

なんで読むべきなのか

自分と関係があるなとか

気になるし興味がある!とか

思ってもらえれば、先を読んでもらえます。

 

読み手のことを考えて読みやすいように

・改行する

・1文を長くしない

・小学生でもわかるように

工夫することも大切です。

 

③Not Believe 信じない

いくら私が「インターネットを使って稼いでます。」

って言ったり、

「0からでもアフィリエイトで稼げますよ。」

って言っても、

嘘でしょ〜

って普通は信じてもらえないです。笑

 

なので、実績画像とか、信じてもらうための証拠を用意したりします。

 

あとは、実体験のストーリーを入れること。

人はストーリーを無意識に信じる傾向があります。

 

・この洗顔フォームでニキビが治ります。

 

と言われるよりも

 

・何をしてもニキビが治らなかったんだけど

友達に勧められてこの洗顔フォーム試してみたら

1週間でみるみるニキビが消えて肌が綺麗なった!

 

って体験談を聞くと、根拠とかないのに信じちゃいませんか?笑

体験談やストーリーは人を信じさせる力があります!

④Not Act 行動しない

信じてもらえても行動してもらえなければ

商品が売れることはありませんよね。

 

みんな行動しない前提で、

行動してもらうように背中を押してあげる必要があります。

 

その商品を買った時の理想の未来を見せたり

手に入れないリスクを想像させる

 

あとは、今すぐじゃなくてもいいか〜

って言う方もいるので、

限定○名!とか本日まで!とか

限定性や緊急性を出すというのも

ひとつのテクニックです。

まとめ

コピーライティングの4つのNOTとは

Not Open 開かない
Not Read 読まない
Not Believe 信じない
Not Act 行動しない

この4つの壁があることを頭に入れて

壁を越えることを意識して

文章を書いてみましょう!

 

反応が変わりますし

コピーライティングの力が

どんどん上がっていきますよ^^